So-net無料ブログ作成

ビートルズが演った6月30日 [Music]

001_be.jpg


とある用事を済ませ、
日本武道館へ行ってみた。

45年前の今日、1966/06/30この場所で、
ビートルズが公演。

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"50 x 50 ROCK'N'ROLL SUICIDE" FINAL [Music]


001_トランポ.jpg


KYOSUKE HIMURO TOUR 2010-11 BORDERLESS
"50 x 50 ROCK'N'ROLL SUICIDE" FINAL
at
YOKOHAMA ARENA

Finalを迎えた朝、撮影に出掛けてきました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

布袋寅泰 Birthday Liveに行ってきました [Music]

05_布袋30周年.jpg


 2011.02.01.Tue

日本武道館

前回は、
"HOTEI ROCK THE FUTURE 2000-2001 FETISH"

10年ぶりの布袋のLive。

そして、Birthday Live。

お互い随分と歳とりました。

当時と違うのは、家族が増えたこと。
今回、一度観てみたいとの願いから彼女を連れて参戦。

勿論、そうなると、将軍様も。

という事で、家族みんなでRock'n Roll Nightになったわけです。

知る人ぞ知る、
ちょっと順番違うんじゃない!?との声はナシです。

続きを読む


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日は久しぶりのLiveです [Music]


01_布袋30周年.jpg

何年かぶりに参戦してきます。

Birthday Live!! 盛り上がりましょう[exclamation×2]

こんな試みもあります。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

WILD LIFE UTADA HIKARU at Yokohama Arena [Music]


やはり彼女の声は生で、その現場で聴くべきであった。
USTREAMでの生中継を聴き終えての素直な感想。

平日の中日はどうしても行けない。
有休も取れない昨今なので、なおさら。

そんな中、近くで実施のTOHO CINEMAでの生中継は早々にSOLD OUT。

で、降って湧いたのが、USTREAMでの生中継。

自分はとことんツイていると本当に思った。

07.jpg

19:00~のスタートには当然間に合わず、
帰宅した20:30~の視聴。
わずか5,6曲であったが、充分堪能しました。

続きを読む


nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE ALFEE 35th Anniversary 2009 My Truth [Music]


根強いアルフィー・マニアの皆さん
お待たせしましたぁ[手(パー)]
オイラのライフワークの一つでもある通称:トランポ撮り[カメラ]
今回は、THE ALFEEです。

"THE ALFEE 35th Anniversary 2009 My Truth"

02_アルフィー.jpg

どこの会館まで行ったのかって?声が聞こえてきそうですが、

続きを読む


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マイケルとの思い出 [Music]

01.jpg

恥ずかしながら、マイケルを初めて知ったのは、
お正月のフジテレビでやっている「かくし芸大会」で流れてきたある一曲でした。

オイラ13歳の頃です。

その曲は、 1985年に発表された "We are The World" です。

01.jpg

ものまね芸人がいっぱい色々な外タレを演じてましてね。

 

続きを読む


nice!(18)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ROD STEWART Liveに行ってきました [Music]


Welcome back to Japan, Rod Stewart!!

待ちに待った今日の日を。
ここ最近、ほんとメンタル的にもフィジカル的にも耐え難い毎日が続いておりまして、
ホント心待ちにしていました。

01_ROD.jpg

場所は、さいたまスーパーアリーナ。

会場に入るやいなや飛び込んできた驚きは、バンド台に楽器を載せただけのシンプルなセット。
オマケは、後方の席の方向けにスクリーンが吊り上げてあるだけ。
あとは白いカーテンが囲むのみ。

オルガン、ドラム、パーカッション、ギター、ベース、そして、最高の楽器、ロッドのボーカル。
まさにライブハウスでも収まるボリュームです。
仕込みに一時間あればOKなものです。
追加公演が企画されるほど人気かと思えば、客席は約7割の規制線あり、
完売までは程遠かった模様。

13年ぶりのLiveは、そんなちょっと淋しい雰囲気の中、開演を待つのでした。
(ここまで、開演20分前で書いています。)
01_ROD.jpg

たいていのLiveでは、撮影録音機器の持ち込みはNGですが、今日は入場口のチェックもなし。
場内アナウンスでも「高性能カメラ機器での撮影はNG」とのコメントのみ。
デジイチで、撮りまくっている外人さんも。
また、ロッドがサッカー好きという事で、最前列を中心にセルティックのマフラータオルの外人集団も。
よく見れば、ドラムセットのフットには、セルティックのロゴが貼り付けてあった。
(ステージ上のカメラから後で分かったが、マイクスタンドとロッドの立ち位置には、
セルティックロゴの円形カーペットが敷かれていた。)
(ここまで、開演10分前。)

そして、開演。

 

続きを読む・・・長編をお許し下さい。


nice!(12)  コメント(16)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

CHAGE and ASKA 解散 [Music]


いつものように、せわしい朝のお出掛けのひとときが、
瞬時に凍りつきました。

突然の報道。

01_スポーツ紙.jpg

それはあまりにもショッキングであり、絶句。
特にママは、瞬時に朝食の準備の手が止まり、
TV画面に釘付けでした。

年明け、ちょっとキツかったです。

その日の午後のファンクラブのメーリングリストには、
報道されていたようなコメントが事務所から来ていました。

 

続きを読む


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロッド・スチュワート 13年振りの来日 [Music]


ポール・マッカートニーでもなく、クラプトンでもない。
孤高のボーカリスト。
オイラの中では、邦楽では浜田省吾。洋楽では、ROD。
もう何度となくその声に癒され、パワーをもらい、惚れてきました。
そして、嫁さんとのデートでも活躍しました。

英国が生んだ史上最高のボーカリスト、13年振りの来日。

01_ROD.jpg

 

read more......


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪ 小田和正 K.ODA TOUR 2008 [Music]


先日、都内へお出かけに向かう最中に、
東名高速上り線 最後の給油地点・海老名SAにちょこっと立ち寄りました。
だいたいいつもトラックエリアに停める事多い(本当はNG。ごめんなさい。)のですが、今回も。
で、オイラの触覚が働きました。
数台の11tトラックが停車中。     もしや。。。。。

SAの用事を済ませ、都内へ向かう最中、青空の下、駆け抜けるトラックが数台。
やはり、こういう事でした。

01_KODA.jpg

予感的中[手(チョキ)][手(チョキ)]
なんか分かっちゃうんだよなぁ。。[わーい(嬉しい顔)]

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

克也さん、応援ブログ [Music]

こちらの記事で初めて知りました。
週末に飛び込んできたニュース。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大物来日ラッシュ [Music]

2006年を迎え、俗に言う"外タレ"のしかも超大物バンドが
続々来日する事が発表され、Liveのチケットが発売開始になっていますね。

続きを読む


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

♪新しい楽しみを購入♪ [Music]

今年の誕生日は嫁さんから、人生最大のプレゼントを貰ったんだけど、

どうしても欲しいものが一つあって、相談した。

それが↓

続きを読む


nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

車屋さんの音楽会 2005 [Music]

Audi MUSIC meets ART 2005

2005年08月06日(土)、07日(日)
 
神奈川 箱根 彫刻の森美術館 緑陰広場
  開場17:30開演18:00

2005年09月10日(土)、11日(日)
  大阪 天保山 SUNTORY MUSEUM
  開場17:00開演17:30



我が家の愛車はAudi TT

購入してからというもの、毎年夏にAudi Japanより案内が送付されてきます。
箱根では夏の風物詩になっているとか。
しばらく家を空けている間に送付されてきていたようです。

今年は“Silent Jazz Trio featuring Yuki Murakami”と題して行われます。

主催自体はTOKYO-FMとfm osakaを中心としているようなので、
両サイトからも申込みできますね。

申込み締め切りは、
箱根:07月14日(木)
天保山:08月18日(木)

JazzのLiveは一度も出掛けた事ありませんが、これから歳を重ねていくにつれて、
きっと興味沸いてくるジャンルじゃないかと感じています。
演歌には行きません

嫁さんは、「Jazzはワタシはいい。寝る自信あるもん」って絶対拒否します。
BLUE NOTEの善さなんて絶対理解できないんだろうなぁ。

さて、このコンサート(←Liveって言わないようにしましょ)
美術と音楽と車をコンセプトにオープンエアでひとときを過ごせる時間です。
交通費程度で入場料が発生する訳ではないので、是非行かれてみては?

我が家は出産間近なので、今回はキャンセルぅ。

by hideki


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CHEMISTRYからBirthday メール [Music]

今、メールチェックをしたら、CHEMISTRYの二人からBirthdayメールが来ていました。

勿論FanClubからなんですけど
↓これがそのメールです。(ちょっと分かりつらいかな)



こんな感じです。

なんだか嬉しいものですね。

by shino


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

布袋 寅泰 との Live [Music]

2005年05月20日(金) フジテレビ系 “僕らの音楽”で布袋 寅泰と江角 マキ子の対談があった。

しばらくブラウン管を通して布袋を見ていなかった。
NHKでやっていた“トップランナー”という番組以来だな。
そして、江角マキ子も出産後ブラウン管初登場。←嫁さんはいたく興味津々!

で彼との思い出を一つ綴ってみる事にする。(長文ですがお付き合い下さい)

1994年12月05日(月)愛知県名古屋市総合体育館レインボーホール

“GUITARHYTM SERIOUS! CLIMAX ARENA TOUR”

当時大学1年生でした。
一人暮らしを始めて、自分の城を築く為にバイトに励む毎日だった。
会場のフロアは名古屋市内で一番大きい会場で、
大物ミュージシャンのアリーナツアーの名古屋公演では必ず使われる場所です。

オイラは東海地区でメジャーなコンサートプロモーター会社に籍を置き、
アルバイトをしていた
今回、布袋 寅泰 公演に関わる事になった。
実はBOΦWYフリークなオイラはめちゃんこ嬉しかった。

この公演にあたり、前日12月04日(日)はボクシングの辰吉と薬師寺のタイトルマッチがあり、
ゴング終了後家路につくオーディエンスと入れ替わり、ステージ設営の為、会場に入った。
徹夜仕込み(設営)である。
※ステージ設営の事を通称「仕込み」という。なかでも前日に行う事を「前仕込み」という。

今回1日公演なので、仕込みをしている時間帯の次の日の同じ時間帯はステージばらし(撤去)を行う。
※ステージ撤去の事を通称「バラシ」という。

目まぐるしく慌しく時間が過ぎていく。

リングが後片付けされ、入れ替わりステージ器材が運び込まれてくる。
基礎舞台が出来上がり、証明設備を天井へ吊り上げる。
そして、宙吊りスピーカーを引き上げ、メインの大道具をステージいっぱいに並べていく。

舞台監督がトラメガ(拡声器)であちこち指示を出す。
「バイトくーん、ステージ上手へ10人」「トランポへ6人」
上手、下手、トランポetc業界?用語も徐々に習得し、楽しくなってきた頃だ。

そして、なんてったってホテイだからだ。
身体が熱くなる。
そして、いつも見ないバイトのメンバーもいた。
彼等の目的はひとつだ。「布袋をみたい。」「チケット取れなかったから、バイトで入って見たい。」

そのイベンター会社からは、いつも
「お前ら、金を稼ぎにきている訳だから、本番中絶対ステージを見るな。客へ顔を向けろ」と釘を刺されていた。
当たり前だ。
お客さんはお金を払って会場へホテイを見にきている。
チケット代の一部が僕達のギャラになっているのだ。
自分達はお金をもらえるとはいえ、無料で同じ場所に入れている。
同じ様に振舞ってはいけないのだ。

Live本番が始まると、ステージ設営作業から場内警備員へ変身する。
この警備員の前には、入場してくるお客さん相手にチケットのモギリや鞄の中のカメラチェックもやる。

さて、このスレッドの思い出とはこれからです。(ここまで前置き。長過ぎ)

本番が始まると、僕はアリーナ最前列の一番真ん中通路で警備を命じられた。
つまりこの場所、
真後ろには、布袋が立ってプレイするポジションである。

むちゃんこラッキーだった。

Liveスタートと同時に場内は「布袋」「ホテイ」の大声援。
圧倒されましたね。

当時ヒットしていたのは、「さらば青春の光」「サレンダー」

これまでのGUITARHYTMを全て見せてくれた。
僕は客席と正対している。つまり布袋と同じ方向を見ている。

スピーカーから伝わるギターの音に酔っていた。
シビレテいた。
特にギターソロの場面ではステージ後方よりサーチライトが布袋を照らしていた。
そして、その影がホールの壁に映し出されていた。
当時独特のヘアスタイルと長身の布袋が白い壁に黒く映し出されていた。

僕はその影を見て、更にシビレ、酔っていた。
正直後ろを振り返り、その姿を見たかったけど、我慢した。
そんな感覚が終演後のバラシの間続いた。

徹夜仕込みから始めて、次の日の深夜のバラシまで一睡もせず、
布袋をサポートした気分に酔った。
(若かったねぇ…笑)

その日のギャラでテレビを買った
結婚した今でも使っている。もう今年で10年使った事になる。

このLiveに参加できて、大学4年間はこの仕事を自分の稼ぎとして続けようと決心した。
以後、数々の経験をする事になる。それはおいおい暴露していこう。

by hideki


ちなみにこの日のSET LISTはこちら↓(極秘に入手したものを今も大切に保管している。)

TIME HAS COME (SE)
SERIOUS?
SURRENDER
気まぐれ天使
さよならアンディ・ウォーホル
MERRY-GO-ROUND
七年目の幽霊
YOU
ANGEL WALTZ
薔薇と雨
FLY INTO YOUR DREAM
INTERMISSION
OUTSIDER
C'MON EVERYBODY
GLORIOUS DAYS
UP-SIDE DOWN
RADIO! RADIO! RADIO!
DIVING WITH MY CAR ZEMAITIS WILD
LONELY★WILD

[アンコール]
POISON
さらば青春の光
ESCAPE

[ダブルアンコール]
RUN BABY RUN


最後に本当にホテイは丸くなった。
と同時に渋くなった。カッコイイ。
食事しながら、番組を見たが、途中で箸を止め、嫁さんと見入った。
最愛の妻への曲「PRIDE」。

本当によかった。

まだ嫁を布袋のLIVEへ連れていけてないけど、Babyと3人で出掛けられるといいな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

<番外編>Crystal Kay ライブ [Music]

週刊誌ネタを一つ。

その前にライブのブログはこちら

ライブの後、僕達二人は食事をするべく、Zepp Tokyoのすぐ隣のヴィーナスフォート
食事に出掛けた。
22時も近く、間もなくラストオーダーが近い時間帯だったので、適当なイタ飯屋さんに入り、
パスタを食して、お店を後にしました。

そして、出口へ向かう途中に、何やら挙動不審な集団が現れました。
僕は学生時代の職業柄、直ぐにピンときました。
“クリスタル・ケイだ。飯に来たんだ”

迷彩柄のキャップを深々と被り、黒いパンツに「24」のロゴが入った赤いジャンパーを身につけていた。
マネージャーらしき人は一緒でないような印象で、家族っぽいカップルが一緒に付き添っていた。
総勢4~5名くらいだったかな。

40代位の女性がお店をチョイスして、入店可能か確かめていた。
この時間帯で既にラストオーダーの時間を過ぎてしまっている為、
店側としては、「即入店お断り」という雰囲気だが、
なんとか交渉成立したのか、店の奥へ消えていった。
その時間およそ22:20前後、ライブ終了して、1時間以上経過していた。
それまでの間、クリちゃんはZepp内に留まっていたんだ。

実は楽屋ウラへ先回りして、帰るところを見たかったのだが、
駆けつけた時にはもうひとっ子一人いなかった状態。
とっくに出てしまっていたとてっきり思っていた。

ヴィーナスフォートには、まだZepp帰りのお客さんが少々いたが、食事の為に訪れたクリちゃんを見つけたのは、殆どいなかった。
(↑それが何故分かるのか?それはZeppで購入するドリンクホルダーを首から下げているから。)

クリちゃんに気づいた僕がそれを嫁さんに伝えると、嫁さんは行動を起こした。
その直線距離約15m程
「えっ、ホント?ウソでしょぉー?」…嫁

「間違いない。キャップを深々と被っている」…僕

「それに交渉している人が来るまで壁際に顔を向けているのがとっても怪しい」…続けて僕

その瞬間、嫁さんは5m位まで近寄って、クリちゃんを拝もうとしていた。

おっおい、君が一番挙動不審だからぁ

その後もお店の中をうかがおうとする嫁を引っ張って、帰ってきた私でした。

by hideki


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Crystal Kay ライブに行ってきました [Music]

2005年04月02日(土)
待ちに待った Crystal Kay のLiveに行ってきました♪
今年初めてのLiveにクリちゃんを選びました

Crystal Kay Live Tour '05
  "CK STYLE"  in Zepp Tokyo

アルバム『Crystal Style(クリスタイル)』が発売されて1ヶ月経ち、
とても耳に馴染んできたところ。
年末のクリスマスライブは行けなかったから、とっても楽しみ。
TTを飛ばして、東京・お台場 Zepp Tokyoへ行ってきました。
Zeppは通算2回目なので、もう慣れっ子です

さて、会場に着いてみると、沢山の人が入場を心待ち。
我が家は整理番号B-44○、44○だったので、かなり後の入場。
ライブハウスですから、立ち見でしたが、整理番号Aの方が1500番台までいたので、少々汗

どんな感じの年齢層かとても興味ありましたが、10代後半から20代前半が中心のイメージ。
ところどころ、30代の方、おばさんも混じっていました。
そんな我が家はメイン層から外れてました
初めて、年上の世代を感じたLiveです。
女性:男性=8:2くらいな印象で、彼女が彼氏を連れて来た感じがしました。

やっと我が家も入場でき、最前列の集団に紛れ込みました。
ステージに向かって、左側(夫曰く、業界用語では下手側)の
スピーカーの正面の2列目に陣取りました。

スピーカーの正面なので、胎教にどうかしら
夫はとても心配そうでしたが、私はお構いなく、ノリノリ。
夫も止められなかったようです。
定刻を過ぎ、熱気も加速し尽くした頃、20分押しでLive スタートぉ

1曲目からダンサーを従えヒートアーップ。
これは楽しくなる予感しました。
我が家にとって、クリちゃんのジャンルは初挑戦。
どんなライブになるのか楽しみだったんです。
Sexy衣装連発で、ヘソ出しは当たり前。
クリちゃんはおへそにピアスしてました。
ROCKテイストあり、Dance系あり、スローな曲あり、幅が広いなぁ、と感心しました。
知らない曲もありましたが、メロディーがいいので、身体が自然に動いちゃうんですよね。
あっという間の2時間弱。とっても短かったけれど、とっても良かったよ。

アンコールラストは開演前の夫の予想通り、『kiss』という曲で終わりましたが、
本当に生で聞けてよかった。幸せ。
いい歌詞が詰まっているよね。


夫の感想です。
・『「リズミカル」と「ダンサブル」は違う』と言う事が分かったライブでした。
・とっても声がいい。まだまだ良くなりそう。
・英語がキレイなので、曲が洗練されて聞こえる。
・MCはまだまだ向上の余地あるけど、曲で惹きつけられるので、しばらくいける。
・アリーナやホールクラスの広さよりもZepp程度のボリュームが実は一番ピッタリじゃないかと思う。
・このままいくと、ホイットニー・ヒューストンみたいな歌唱力も夢ではない。本気でそう思う。
・男性陣は彼女を連れて行くなら、絶対オススメ。いいよぉ。
・また行きたい。そんなおいらは今日の客層でも年齢はオッサンの部類(爆)。


写真は終演後、ダンサーの方が入場口へ来て、友人?らしきお客さんと話をしていたのを帰りがけに上から激写したところです
直線距離30m程あったので、フラッシュが届きませんでした

とっても楽しかった。ありがとー。いい胎教になったわ♪

by shino


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

春のドライブアイテム到着 [Music]


先日タワーレコードから我が家にCDが2枚到着した。

Crystal Kay   "Crystal Style"
aiko  "夢の中のまっすぐな道"

久しぶりに買うオンナモノCD

実はワタクシ、aikoに似ているってよく言われるんです
あっ、言っちゃった

来週はお台場でCrystal Kay Liveに行くんだぁ♪

by shino


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

Crystal Kayに会いに行くぞ [Music]

前から行きたいと言っていたLiveに行ける事になった♪
2005年04月02日(土) 19:00開演 東京・お台場 Zepp Tokyo
夫に感謝

03/02にはアルバムも発売。
最近我が家のお気に入りアーティストの一人。
TTに似合うMusicを探していて、ラジオから流れてきたのが、ちょうど昨年の今頃。
早速CDを借りて、ドライブに出掛けたら、気持ちいいこと、心地いいこと。
季節問わず、イケます。

去年のクリスマス・ライブはサバティーニと競合した為、落選。
惜しい事をしたんだけど、ライブハウスで聴けるなんていいわぁ。
身軽なら最前列目指すけど、危険なので手すりのあるところで堪能しよう。

2005年最初のLiveです。出産前最後のLiveになるのかしら。 by shino


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

平井 堅ファンクラブ会報到着ぅ [Music]

ファンクラブの会員証が到着したと思ったら、程なく会報が届いていた。
正月を挟んでいたので、年賀状と一緒に来ていたみたい。
今日封書を開けてみた。

中には

・Ken's Bar 2004 Winter のGoods Mail Order シート
・Kh place Volume11


が入っていた。
“Kh place”というのが会報みたい

・年末のTV出演の際のステージ裏での光景
・ラジオ番組の裏模様
・アルバムの紹介
・絵葉書

の内容が書かれていた。
コンパクトサイズで中身が結構充実している印象。
絵葉書は貴重だな。ミニ写真集なんかできちゃったりして。
しかし、ライブが気になる。絶対行きたい

我が家は
・CHAGE & ASKA
・CHEMISTRY
・平井 堅
のファンクラブに現在加入していますが、どれも魅力的なクラブですね。

どうでもいいんですけど、
夫は結婚する前、徳永英明のファンクラブにも加入していた。  by shino


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Hot Chemistry 到着ぅ [Music]

01/26 CHEMISTRYの新しいアイテムが我が家に到着した。

♪“Hot Chemistry”♪

CDには
「いつも僕達の歌を好きでいてくれる皆さんへの少し普段着な僕らからの冬の贈り物です」
と書かれていた。
とっても温かい言葉が妙に嬉しい。
11月のファンクラブ限定イベントの時にこのアルバムの企画が発表されました。
(その時のBlogはこちら↑↑)

あの時のLiveで初披露になった曲がこの1枚に詰まっています。

早速友人からもダビングの依頼受け、聞いてみた。
長く付き合っていけそう。
妙に嬉しい。

 

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

悩ましい!Bryan Adams VS aiko [Music]

本気で悩んでいる。
以下の2つ

1- BRYAN ADAMS “ROOM SERVICE” JAPAN TOUR 2005
      4月27日(水) 7:00PM   日本武道館

2- aiko Live Tour “Love Like Pop Vol.9”
      4月11日(月) 7:00PM   グリーンホール相模大野

1-昨年10月にリリースされたNew アイテム。本当にカッコイイ。
   
40分弱に凝縮されたRock'n Roll。
   久しぶりにしびれたね。最近感じてなかった喜び。
  
学生の時の「18 till I die」と同じ感覚、嬉しかった。
   次のJAPAN TOURは盛り上がる予感。しかも武道館。まだ青春だろ?今先行予約中らしい。

2-もうすぐNew アイテムが届くらしい。とにかく行ってみたいんですよぉ。aikoぉ。
   嫁さんが似ているという事もあるが(ナィナィ)。どんなLiveか体感したいんですよね。
   家からも近いし

両方とも4月のパフォーマンスだ。チケットはaikoはBRYANの半額だ。
嫁さんの体調次第か!?
我が家の地元・名古屋公演は名古屋市公会堂。
「むむっ!狭い小屋だぞ!確実に近くでBRYANが見れるぞ!」
うーん、葛藤。 さぁどうする?
早く決心しなくては         by hideki


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

J-WAVE Navi交代 [Music]

CHEMISTRYのオフィシャルサイトで気になる記事を発見!

その記事はこちら

J-WAVE  毎週水曜 22:00-23:50    「OH! MY RADIO」 (首都圏です)

フ・ク・ザ・ツ ぅ!
何故水曜日なのぉ
“(平井)堅ちゃん”と交代しなくてもいいじゃーん

夫曰く、「“堅”のNaviは面白いよぉ」と言ってたしぃ。

でも心機一転CHEMISTRYのNaviで堪能しようか。

つづきを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケミストリー FUN CLUBイベントのインターネット放送 [Music]

昨日夜、CHEMISTRYのオフィシャルサイトにて、
2004/12/01のZepp Tokyoでのファンクラブ限定イベントのインターネット放送を見た。
我が家は運良く当選し、2004/11/30に出掛けた。(その時の模様はこちら)

我が家のPCはADSL回線という事もあり、とても気持ちよく鑑賞できた。
45分弱の放送は歌とMCが混ざって、行った時の興奮がヨミガエッテきますね。

もうすぐ、01/26にはNew CD と DVDが同時発売
HOT紅茶を飲みながら“HOT CHEMISTRY” を聴いてヌクヌクしよう! 待ち遠しい!

by shino


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヒムロックのトラック その1 [Music]

12月24日夜に食事した後、TTを転がし、
都内・六本木~青山通り~246号線~表参道・原宿を抜けて、代々木競技場第一体育館へ
出掛けてみた。
目的はこれ↓



学生時代の仕事が縁で、コンサート機材を運ぶトラック、
通称“トランポ”の写真撮影が趣味になった。
出掛けたライブでは必ず撮影してきます。
このようなトランポを“看板車”とも言います。

しかし、儲かっていないアーティストだと、殆どお目にかかれません。
ある種「売れてる」「儲かっている」「意地?」のステータスの一つですね。
写真は代々木体育館正面入り口近くで路上駐車しているところを見つけました。

12月24日、25日はこの代々木体育館で
KYOSUKE HIMURO TOUR 2004 "SOUL STANDING BY~" がありました。
できれば行きたかったです。でも今年のクリスマスは予定ビッシリでしたからぁ、残念!

こうした“トランポ”に出会った事あります?
「街中で偶然」、「信号で停車している時」、「高速道路を走っている時」etc
走っている時に出会うと無性に追いかけたくなるんですよ、僕。
トランポにまつわる徒然はまたいつかカキコするとして、

デジカメを購入する前だと、100枚近く撮ったかと思います。
これも学生時代から続く趣味の一つです。      by hideki


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小田和正 という人 [Music]

昨晩、音楽番組を3つハシゴした。
その2つ目はというと、TBS系
“クリスマスの約束 小田和正名曲ライブの集大成”

ここ数年クリスマスシーズンになると、TBSでやっていたものを今年も見た。

しかし、今年の10月からは実は毎週月曜日の深夜に「月曜組曲」という番組が放送されていた事をつい最近、会社で知った。
残念!

番組のインタビューの中で「テレビをこれで終わりにしたい」と告白。
ある種の衝撃!でも分からなくもない。それは後ほど。

何故か。学生時代 コンサートスタッフの仕事でK.ODA THROUGH THE WINDOW LIVE TOURの東海地方シリーズに同行した。
三重県・四日市、岐阜・市民会館(だったかな)、愛知・名古屋市民会館、GW休暇前の4月の頃だったと思う。
当時、「明日の現場は小田和正だから」と指示をもらい、身体が熱くなった事を覚えている。

中、高校生の頃はバンドブームであったけれど、僕はラジオ族で、そんなROCKも聞いていたけど、FOLKも聞いていた。
当時好きだったミュージシャンが影響を受けたミュージシャンを語ると、少なからずフォークの曲が多かったからだ。
そんな毎日聞いていた一つにオフコースがあった。

徒然は長くなるので、止めにして、とにかくK.ODAのLiveのバイトに行ける事に熱くなった。

名古屋市民会館でのステージ作りは結構大変だった。11トントラックが5台位あったと記憶している。
通称「小屋」と云われる、「~会館」「~ホール」級を中心に周るCONCERT TOURの場合、先のトラックは3台が相場だからだ。
それを4~5台だと、ステージ作りのバイトスタッフも少し増える。

確か大きなモニター画面をステージ中央に設置する為、機材が多かったんじゃなかったかな。
肝心のLiveの中では小田さんが、その日のコンサート会場付近の名所を自分で回ってホームビデオで撮影して、MCネタで盛り上がる企画もあったと思う。(もう数年前のLiveなのでネタばらし時効かな。)

ステージ中に所狭しと並んだ機材の中を時には走り回って盛り上げ、時にはキーボードに座ってオーディエンスを酔わせていた。
その声が僕が若かれし頃にラジオから聞こえてきた声だと思うと身震いがした。すぐそこにいるかと思うと…。当時最前列でお客さんと正対して、興奮しっぱなしの2時間半くらいのLiveだった。
今、こうしてblogを書いていても身体が熱くなる。

さて、先程の告白について
結論!これからはLiveで見せて欲しい。(←これは願望)
基本的にフォークロックと呼ばれたジャンルの方達はテレビに出るのは、やっぱりイメージが変わってしまう。
ラジオから、有線から、街角から、CMからでも充分メッセージは伝わるほど、楽曲にパワーがあると思うんです。

何故かって、今回放送されてた楽曲で「♪言葉にできない♪」という曲がありました。
嫁さんから某生命保険会社のCMで流れているけど、「絵と曲がmuchしてていいよ!」って聞いていましたが、深夜にも関わらず、僕、泣いてしまいました。 
伝わりました。  その歌声の瞬間、瞬間。
小田さん曰く、この曲が出来上がって発表する時、「ためらった」そうです。
でもこんな曲を作ってくれて、本当に良かった。ありがとう!

今度Liveがある時は、嫁さんを誘って出掛けようと思う。
いいクリスマスプレゼントを26日なっちゃったけど貰いました。      by hideki


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。