So-net無料ブログ作成
検索選択

ON THE ROAD2011 ~THE LAST WEEKEND~へ行ってきました [├SHOGO HAMADA]


ON THE ROAD2011
THE LAST WEEKEND
TOUR START
2011/04/16(Sat) at Shizuoka-Ecopa-Arena


浜田を追いかけて、今年で20年。

既に期日は過ぎていたけれど、記念に今年からファンクラブに入会しました。
いうまでもなくオイラの人生の中で、一番数多く時間を共有したアーティストです。
何度も励まされ、そして活路を見出すに背中を押してくれたアーティストです。
また、いつかこの事に触れるとして。。。

前回のツアーから5年半あまり経過し、そろそろLiveが欲しいところ。

001_ON.jpg

遂にその日がやってきました。

しかもツアー初日公演に運良く当選。
家族で一路静岡まで遠征してきました。


今回念願叶って、将軍様とも一緒に参加できる事になりました。
我が家のBlogを長く見て頂けている方には、記憶の片隅にあるかもしれませんが、
こちらにて、こんな事を綴っておりました。

002_ON.jpg


5年が経過して、この日それが実現できました。
何とも充実した日です。
こんなに成長したんだなぁ、と実感。

003_ON.jpg004_ON.jpg

もっともっと色々な音楽に興味を持ってくれて、
お父さんといっぱい夢のある話をしよう。
そんな時、この日が少しでも記憶に残っていてくれたら、嬉しい。

音楽は心を豊かにする、
苦しい事は音楽と共に超えられる。
そうお父さんは信じている。
だから、お父さんが買った音楽は絶対に捨てない。
いつか手に取って、興味を持ったら聞いて欲しい。


震災の影響で、ツアーの延期/中止を余儀なくされるバンド多数。
そんな中、このツアーは敢行する事を決め、
オーディエンスと共にツアースタートです。

会場には、東北や四国ナンバーの車が駆け付け、盛り上がりました。

005_ON.jpg


いよいよ、Live開始いやツアー開始。
1曲目から浜田を迎え入れるべく、盛り上がり最高潮。

オイラ的には、久しぶりのLiveという事もあり、アドレナリン出まくりです。
人生初のツアー初日参戦という事もプラスされた事は言うまでもありません。

中略

今回のツアー、3時間半の長丁場ですが、見所満載!
序盤にヒートアップします。

中盤は、ムード高くなり、終盤にかけて恒例となったカラオケ大会。

バンド全体の年齢が高くなってきているので、あと何年、何回ツアーをやってくれるか、
本当に分かりません。
ツアーなくても作品を残してくれるだけでもありがたい。
ファンは、勝手で気まぐれ。

それに十二分に応えてくれるLiveがあれば云うことなし。
全てがリセットされる、そんな空間を共有できる最大の時間共有です。

今回、ある決意を元に走り始めた本人ですが、
東北のステージは、未だ場所が決まらず難航中。
安比高原辺りで、来年野外イベントなんてのはどうでしょうか?

あっ、もう一人の主役を忘れていました!
初参戦の我が家の将軍様は、3曲目くらいで「Zzz...」長い夢の中になりました。

ちょっと洗脳が足りませんでした。
いや、Live始まる前に会場内でサッカーしたので、疲れたかな。

ツアー初日に参加して以来、間があいてスレッドする事になりました。
実は、これには深い訳が。。。
あと2回行きます。
いや、3回にしたいなぁ。
今年は、ツアーの年にする事を決めていたので、存分に参加したいですね。

006_ON.jpg


ON THE ROAD 2011
The Last Weekend
at Shizuoka
Opening act set list



ON THE ROAD
この夜に乾杯
HELLO ROCK & ROLL CITY
恋は魔法さ
さよならゲーム
悲しみは雪のように
My old 50's guitar
MONEY
涙あふれて
君に会うまでは
あれから二人
君が人生の時

BLOOD LINE
我が心のマリア

A New Style War
裸の王達
詩人の鐘
Theme of fathers's son
Rising Sun
J BOY
僕と彼女と週末に
愛の世代の前に

Encore-Center stage-
光と影の季節
終わりなき疾走
君がいるところがMYSWEETHOME
I am a father
ラストショー
ラストダンス
家路

Encore2
日はまた昇る


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 2

お茶屋

ご家族で遠征とは☆
すばらしいでございます^○^
by お茶屋 (2011-06-28 10:58) 

ひでくん

☆お茶屋さん、
オーディエンスの年齢層も上がってきましてね。
「家族で!」とか「子供連れ!」のファンが増加しています。
また、それが受け入れられる素晴らしい歌と空間があるんですよ~。

by ひでくん (2011-06-28 18:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。